激安で合宿免許を利用するなら

Pocket

宿泊施設合宿免許はできるだけ安くしたいと思うのは当然です。そこで基本的にはシーズンオフを狙うことが一番安く参加できるポイントではないでしょうか。また合宿免許では、コテージタイプ、別棟タイプ、ホテルタイプなど、タイプがいろいろあります。やはり安く参加するならホテルタイプがおすすめです。また1人部屋より2人部屋、3人部屋の方がお得となっています。お友達と参加する場合だけでなく、1人で参加するときにも相部屋にするとお得です。

神経質な人はあまりおすすめできませんが、特に神経質でない場合は逆にお友達ができて楽しい思い出が出来る可能性もあります。そのため1人で参加のときには相部屋もおすすめです。他にも新しくリニューアルしたところは、やはりその分価格もリニューアルされているところが多くなります。古い方が価格的には安くなるので、あまり部屋など気にしないという人は、古めの合宿免許施設を選ぶのもコツです。ただしネット環境などが揃っているかは、チェックしておくようにしましょう。また例えばスポーツジムなど、いろいろな施設がプラスされている合宿免許は便利に利用出来ますが、価格もやはり高めになります。単純に予算をスリムにしたいなら、あまり特徴のないところを選ぶといいでしょう。

食費を減らして合宿免許を激安に

Pocket

自炊合宿免許を少しでも安く済ませたい、価格重視であれば合宿免許を利用する時期も大切ですが、食事が自炊のタイプを選びましょう。自炊が出来るがタイプなら、みんなでわいわい楽しくつくることもできます。また近くのスーパーなどでもいろいろな食べ物が購入できます。あとはご飯を炊くだけでok。それぞれの地域独特の食べ物を食べるのも楽しみです。やはり食事をつけなければ、合宿免許の費用はだいぶ安くなります。女性グループなどは自炊できる合宿免許を選んで、料理を楽しみながら運転免許取得費用のスリム化も。

また特に自炊はしなくても、食事はコンビニや近くにファミレスがあれば、そこで軽く済ませてしまいましょう。朝もコンビニでパン、昼もパンや弁当、夜も弁当で食費を徹底的に絞るという方法もあります。合宿免許の楽しみ方はいろいろありますが、楽しむことだけでなく徹底的に費用をスリムにできるのもまた合宿免許の魅力なのです。

合宿免許の料金にはいろいろなサービスや特典もあるので、最大限利用しましょう。自宅から合宿免許までの交通費も、サービスとして半額負担や1万円負担など、一部支給されるところがあります。教習料金や保証のための費用などは削ることができません。そこで食費や宿泊費を減らすことのできる方法で参加しましょう。

推奨リンク・・・免許の匠~合宿免許の自炊プラン~

運転免許は閑散期に

Pocket

合宿免許を選ぶときには、同時にレジャーができたり、食事が良かったり、スイーツが美味しかったり、温泉が入り放題だったり、スキー場から近かったりとプラスアルファが大切です。その一つにとにかく安いことを重視したいという人もいます。やはり費用の高い合宿免許なら35万円程度かかります。もちろんそれでも普通に免許を取るだけでも、そのぐらい掛かってしまうので、決して高くはありません。しかし安い合宿免許を探すと高いときでも20万円ちょっと。安い時期なら12~13万円なんて激安の合宿免許もあります。

高いとき、安いときというのは、時期によって同じ合宿免許でも価格はだいぶ違うのです。つまり忙しいときと、暇なときでは大きく価格が違います。大体30万円程度の価格の場合、約9~10万円程度安くなり、もともと20万円程度の安い合宿免許でも5万円程度オフになることが多いのです。そのためできるだけ安く運転免許を取得したいなら、閑散期の合宿免許がベストと言えます。

では閑散期、つまりシーズンオフの合宿免許についてのご紹介です。まず合宿免許は学生が多いことから、やはり学生の長休みは避けなければなりません。大体2~3月、7~9月が一番忙しいときであり、価格も最高に高い時期となります。逆に4~6月は新入生オリエンテーションなど何かと忙しい時期。在学生も授業が始まり忙しくなります。10~12月も後期に入って授業が忙しくなり、就職する4年生もまだまだゆとりのある時間とは言えない時期です。そのため4~6、10~12月が激安合宿免許の増える時期と言えるのです。